2010年09月19日

受け継ぐ

 引き継ぎ

 もう10年近く前、職業訓練校木工科に非常勤講師として勤めていたときの生徒さん(といいつつ歳上、今は木工とはまた違うお仕事をされている)から連絡をいただき。
 ”自分はもう使う機会がないだろう”とのことで道具を引き継いだ。 鉋四丁・鑿五本。
 
 手工具はあってありすぎということはないし、引き継ぎ先としてウチを一番に思い出してくれたことが嬉しく、言葉乱暴ながら軽い気持ちで受け取ったものの。

 実物を前に緊張。
 まっさらな新品と違い痕跡というか、使っていた跡がそこ彼処に見えて。 使っていた人をよく知っているだけによけいに。
 緊張、というか責任。

 鉋四丁・鑿五本、これらを引き継ぎまた新たな作品を作ってゆく。
posted by okutakashouten at 23:49| 岡山 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。